01.

ホームインスペクション(住宅診断)には、物件所有者様(居住者様を含む)の承諾が必要です。立ち入りの可否や調査箇所、所要時間などについて事前に売主様・仲介業者様へご確認をお願いいたします。 
診断当日になって「物件が見られない」「調査できる範囲が少ない」ということがあっても規定料金が発生します。


02.

診断当日は、原則としてご依頼者様に立ち会いをお願いしています。調査後に現場にて診断結果のご説明をさせていただくためです。途中で一時的に現場を離れられるのは構いませんのでお声がけください。また荒天の場合、外回りの調査は簡易な内容になる可能性があります。


03.

居住中の物件の場合は荷物を動かしてよいか、開けて調べてもよいかなど、居住者様のご意見を尊重し、なるべくご迷惑にならないよう診断を進めます。また調査と説明を並行して行いますので依頼者様にはできるだけ作業中の立ち会いをお願いしております。


04.

ホームインスペクションは、対象となる建物の現在の状態(劣化の度合い等)を診断するものです。建物の保証をしたり、法令等の適合性(違法建築ではないか)を調べたりするものではありません。また価格が適正かどうかなどといった不動産取引に関わることがらも判断いたしかねます。


05.

ホームインスペクションは、目視観察・計測といった非破壊の調査方法にて行います。得られる調査結果から最大限の診断を行いますが目視によって確認できない不具合が隠れている可能性が全くないとは言えません。また業務上、インスペクターの過失によって依頼者様に何らかの損害が発生した際の補償は、ご依頼費用を上限とさせていただきます。


06.

点検口内など狭所・高所において障害物によって進入できないなど物理的障害により調査できない範囲がある場合やインスペクターもしくは建物への危険がある箇所の調査は十分な結果を得られないことがあります。その場合でも規定の料金は発生しますのであらかじめご了承ください。 


07.

インスペクション当日、対象物件において電気・水道が使用できない状態であれば関連設備の調査・診断はできません。当日、使用できるように事前に売主様・仲介業者様等にご確認されることをお勧めします。


08.

診断結果や報告書は診断時点の建物の状態を報告するものです。気候や運用の方法、周辺環境など様々な影響を受け建物の状態は日々刻々と変化するためその報告内容が一定期間維持されることを保証するものではありません。


09.

原則として報告書は依頼者様にのみお渡しさせていただきます。依頼者様が報告書の他者への受け渡しを望まれる場合には対応しますが、それによって当方に何らかの損害が発生した場合には依頼者様に補償を請求させていただくこともあります。


10.

お申し込み後のキャンセルは下記のようにキャンセル料金を設定させていただいております。直前でのキャンセルや日程変更は極力ご遠慮くださいますようお願いいたします。

・調査予定日の当日…ご利用料金の100%

・調査予定日の前日…ご利用料金の50%

・調査予定日の2日前…ご利用料金の25%